ディープシーチャレンジ!!

皆様、こんばんは!

今日も東京は午後、ザーっと夕立が来ました。
少し涼しくなるので、良いのですが、あの真っ黒な雲は恐いですね。。^^;

さて、今日もディープです!!


d0316745_2347892.jpg



ディープを嵌めていると、購入したあの日を思い出します。
なんたって、心を鷲掴みされましたから♪ ちょうど1年前です。


そんな、ディープの上を行く、ディープシーチャレンジって時計のお話を今日はしようと思います。

ケースサイズ*   44.0mm。。
ケース厚*     17.5mm。。
クリスタル風防*   5.6mm。。


これが、Ref.116660のサイズです。

それに比べて、DSC(ディープシーチャレンジ)は。。。

ケースサイズ*   51.4mm。。
ケース厚*     28.5mm。。
クリスタル風防*  14.3mm。。


12,000mまで潜水可能。。
如何にデカイかが分かりますね。。

12,000mまで潜る必要あるの??(笑)
普通のディープの3,900mすら疑問です。。

まぁ、僕らは必要ありませんね。^^;





動画の彼の様に、ディープシー・チャレンジャーであればこその必要性なのでしょう。しかし、10,900mの海の底でもちゃんと動いてた様です。凄いなぁ!

これは、ロレックスの技術の結晶の明示でもあるし、潜水時計の先駆者として、他の追従を許さないロレックスの精神を伝えて行きたい!って事でもあるんでしょうね。

しかし、どんだけブアツイ時計なんでしょう!!特別に、厚切りロースハムを今日は倍で!!サービスだよー!って、お肉屋さんに言われた気分になります。。(笑)

これは、チャレンジってネーミング通り、「企画モノ」って意味なのか、、12,000mまで、チャレンジ!って意味なのか。。

まぁ、両方の意味を踏まえつつも、後者だとは思うのですが、もしかしたら、時期型のディープシーのコンセプトモデルなのでしょうか!? だとしたら、現行のディープは、ディスコンの可能性が高くなりますよね!

(ちなみに、Ref.116660は、表示されている水深より25%も高い水深4,875mまでを想定し出荷前の1つ1つの個体をテストしているそうです。)

来年のバーゼルで、何か発表があったりして。

きょん様のお話では、グアムのロレックス店に飾ってあるとの事。。
世界に5本しかないそうです。一度、見てみたいですね!

ってか、腕に巻けても、腕が上がらない気がします(笑)


d0316745_20155695.jpg


d0316745_201652100.jpg


d0316745_20171397.jpg



やはり、腕が僕の足の太さ位ある人に似合う時計だと思います。。(笑)
[PR]
by kamaro_007 | 2013-08-24 00:00 | 時計
<< 汗まみれ! 今日から、しばらく、、、ディー... >>